06.30.08

相続マメ知識

Posted in 相続税とは? at 11:07:08 by souzokutin

近親の方などが亡くなられ、その方の財産を受け継ぐ事になった場合(相続)、一定額以上の受け継いだ財産に対して税金(相続税)が課されることはわかりましたね。
ここで、亡くなられた方を被相続人、財産を受け取る方を相続人といいます。
財産を相続された方は、期限までに申告をします。その相続分は民法で原則として決まっています。
財産を相続するにあたり相続人の協議等により遺産の分割をしなければなりません。遺産の分割が決定したら、相続税を計算して納めなければいけないのです。

相続の財産となるもの、ならないもの。。
現金や預金、ゴルフ会員権、株券、土地、建物、生命保険金や退職金など、ほとんどの財産が相続財産。ただし仏壇、祭具、お墓、生命保険金・退職金の一定額以下を受け取る場合などは相続財産になりません。
(相続税を計算する上で、控除(借入金などの債務・未払い税金・お通夜及び火葬費用など)も出来ます。ただし控除されないものも細かく区分されていますので注意!

相続と一口にいっても、難しいですね~。

Sorry, comments are closed.