02.26.09

税務調査と相続税の話

Posted in 相続税とは?, 税務調査とは? at 10:24:11 by souzokutin

税務調査において逃げ場というのはありません。相続税に関してもそれは同じことです。税務署というのは支払調書や内部資料などの独自の資料を常に収集しているので、逃げ場がないという例えは、税務署の人たちにはまったくすきがないと言ってもいいという表現のようですね。

一般的な税務調査の流れとしては死亡通知を市や区役所などに通知し

税務署側が生命保険金などの情報や退職金などの情報の支払調書の調査を行い

資産家の財産リストなどの内部資料の調査が行われ

銀行や証券会社、そして登記所などへの問い合わせ

・・・というようにすぐさま多方面にわたって調査が入るのです。

と言っても相続税に関して税務調査が入るからと言って、突然出来事に悲しんでいる暇もない・・・というのは故人にとっても寂しくとても悲しいことですよね。相続税の事前準備として、もし相続が想定されるという場合なら、資産の組み換えや生命保険の利用などで、あらかじめ資金を用意しておくことが懸命かもしれません。どんな場合でも相続直前の相続税のトラブルというのはよくありがちな話なので、きちんと専門家の方々に税務調査や相続税の対策について相談しておくのもいいかもしれませんね。

また相続税に関するいろいろな方法の1つとして、養子縁組をするという策をとっている人も意外に多いものです。私の友人の兄弟も養子縁組をして法定相続人の人数を増やしている人もいます。皆さん色々考えているんですね。

Sorry, comments are closed.