06.25.09

税務調査が関係している相続人について

Posted in 税・税務調査雑談, 相続税とは? at 9:24:41 by souzokutin

相続税とは親族などが亡くなってしまったことによって、財産を譲り受けた人に対してかけられる国税なんですが、亡くなった人を【被相続人】とよび、相続によって財産を承継した人を【相続人】と呼ぶということは前にも言っていると思いますが、被相続人の財産を相続した相続人が税務調査でもちゃんと関わってくる【相続税】を負担することになるわけですね。

また、遺言によって財産を譲り受けることを【遺贈】と呼び、この場合にももちろん相続税がかけられます。遺贈によって財産を与える人を【遺贈者】と呼び、財産を譲り受ける人を【受贈者】と呼びます。遺贈は遺言書に基づいての財産の譲渡なので、相続による財産の取得よりも優先されるんだそうです。

まず、配偶者について書きますが、戸籍上で婚姻している妻または夫のことを配偶者と呼び、その配偶者が死亡してしまった場合は、必ず死亡した人の配偶者が相続人になるのです。

そして子供についてですが、子供がいれば、もちろんその子供も必ず相続人になります。認知された子供または養子がいるとなれば、その方も相続人となるのです。そして一般的にあまり多くないことかもしれませんが、子供が死亡していた場合。そうなるとその子供である『孫』が相続人になるのです。そしてまだ生まれていないお腹の中にいる子供がいるという場合に相続が発生したというケースに関しては、民法ではすでに生まれている子と同様に扱われるとなっているので、相続人となります。

そして直系尊属。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、わかる限りで少し説明します。直系尊属とは、子供がいない場合は配偶者と父母が相続人となるそうです。そして配偶者も子供もいない場合で、父母が生存しているときは、父母が相続人となるのだそうです。そしてその父母が死亡しているという場合には祖父母が相続人となるそうです。子供も配偶者も親も祖父母もいないという場合は、兄弟が相続人となるのです。

そして兄弟については、子と父母がいないという場合は配偶者と兄弟が、子と父母、そして配偶者もいない場合は兄弟が相続人になれるそうです。

そういった相続税に関することは、税務調査の際にも、しっかりと調べられることなので、問題はきっちりと解決しておきましょう。

Sorry, comments are closed.