05.18.08

税務調査の注意点2

Posted in 税務調査とは? at 10:48:08 by souzokutin

税務調査が法人税に対して厳しく行われるのは前に書きましたが、もちろん相続税に関しても同様です。
相続税に対しての税務調査の場合の注意点を少し挙げてみます。

相続税の申告書を提出し、納税が完了しても全て終わりではないということをまず頭に入れておきましょう。
その後、税務署から申告の内容に対し「税務調査」がおこなわれることがあるからです。
 「正確に申告したのに」「プロにお願いしたのに」などと思われる方がほとんどでしょう。
それなのになぜ?と意識の中にはそういう疑問が起こると思います。
そもそもの税務調査の目的は、必ずしも「税金を取ってやろう」というわけではありません。
そう考えた時に提出した相続税の申告書には、作成するもとになった原始記録の全てが添付されているわけではないので、預貯金の所有者の認識や不動産等の評価の仕方は相続財産の実体を実際見てみないと確認できないのです。
税務調査には、それらの確認というわけです。
税務調査が現金商売ならお金の流れをチェックするのと同じように、相続に関しては資産を徹底的に調べるのですね。
もしかしたら相続人も気づかなかった銀行預金や贈与財産らが見つかることもありますし。。
謙虚な姿勢で受け入れることが一番でしょうか。

Sorry, comments are closed.