Archive for 相続税とは?

04.28.09

税務調査と相続税

Posted in 相続税とは?, 税務調査とは? at 9:37:17 by souzokutin

税務調査についていろいろなことを書いてきましたが、相続税について。

まず相続税の税務調査で申告漏れが見つかったという場合。これはどうしたらいいのでしょうか。遺産分割や税務上のペナルティーについて確認しておきたいと思います。

まず漏れていた財産の遺産分割について。
漏れていた財産の遺産分割についてですが、いったいどうなるのでしょうか。もし重大な漏れというのであれば、遺産分割の全体に与える影響も大きいと思われます。ですが、通常は漏れた分だけを、改めて遺産分割協議するそうです。

でも、軽微な財産が漏れていたとして、先の遺産分割協議書の方で「その他の財産は〇が相続する」となっていた場合。この場合は、新たに遺産分割協議をすることなく、その財産は〇さんが取得しても構わないというわけです。そして税務調査で子供名義の預金なのに、実質はお父さんの相続財産だったと認定された場合。本来なら、その預金についてももう1度、遺産分割協議をしなくてはいけません。でも、実際には5千万円、1億円が贈与ではなく、相続財産と認定されたとしても、特定の相続人名義になっているので、相続人の間で揉めていない限り、その名義人が取得しているんだそうです。

そして、税務上のペナルティーについてですが、相続税の申告をし、その後の税務調査の方で申告漏れが見つかったという場合。延滞税(年4.5%)に加えて、過少申告加算税が課されます。こちらは増額した本税の10%です。そしてもし、悪質と見られてしまうと重加算税が課されるのですが、こちらは増額した本税の35%になってしまうんだそうです。

03.27.09

税務調査と相続税について

Posted in 相続税とは?, 税務調査とは? at 9:32:13 by souzokutin

税務調査と相続税について書いてきましたが、最近友達の親が病気になってしまい、もしかしたら亡くなってしまうかもしれないということでその人の実兄がお金にがめついとのことで残されたお金を渡したくないと言っているようで、どうすればいいのかと相談されました。

相談と言ってももちろん相続税に関する話と税務調査の話がメインですが。私にしてみたら、まだ余命も詳しく宣告されたわけではないのに、身内がお金の話で少しもめているなんて、病気と闘っている親がかわいそうだなと思いました。

相続税と言っても小さな店を経営しているあくまでも一般家庭なので、大それた金額が動くというわけではなさそうですが、こういった身内がお金で争う話はドラマだけにしてほしいものです。

財産を相続したことによって課せられる税金が相続税なわけですが、比率でいってしまうと国内の相続人の内20人に1人が納付する場合に相続税がかかるといった程度だそうです。一定額以上の相続財産を相続した場合に発生するので、全ての相続財産からいろいろな控除をおこなって、余ったものが相続税課税総額となると言うことは前に行ったかもしれませんね。基本的に一般的な普通の家庭の人ならおそらくかからないと思います。

基礎控除額というのは5000万円にプラス1000万円×法定相続人という計算になっているのですが、法定相続人が1人で6千万円、2人で7千万、3人で8千万、4人で9千万、5人で1億となっているのですが、基礎控除の範囲だけを見ているとわかるように、ほとんどの人は相続税がかからないのがわかると思います。例えば課税される遺産総額が6千万円だとして、相続人が配偶者の1人のみというケースの場合なら課税遺産総額6000万円から基礎控除6000万円をひいて0円となりますよね。ということは相続税は発生しないということ。

今回は税務調査の話は外れましたが、親がいざいなくなったときのことを考えてみてください。
兄弟の仲も親がいるまで・・・とは言いますが、親としてはそんなの寂しい限りですよね。

02.26.09

税務調査と相続税の話

Posted in 相続税とは?, 税務調査とは? at 10:24:11 by souzokutin

税務調査において逃げ場というのはありません。相続税に関してもそれは同じことです。税務署というのは支払調書や内部資料などの独自の資料を常に収集しているので、逃げ場がないという例えは、税務署の人たちにはまったくすきがないと言ってもいいという表現のようですね。

一般的な税務調査の流れとしては死亡通知を市や区役所などに通知し

税務署側が生命保険金などの情報や退職金などの情報の支払調書の調査を行い

資産家の財産リストなどの内部資料の調査が行われ

銀行や証券会社、そして登記所などへの問い合わせ

・・・というようにすぐさま多方面にわたって調査が入るのです。

と言っても相続税に関して税務調査が入るからと言って、突然出来事に悲しんでいる暇もない・・・というのは故人にとっても寂しくとても悲しいことですよね。相続税の事前準備として、もし相続が想定されるという場合なら、資産の組み換えや生命保険の利用などで、あらかじめ資金を用意しておくことが懸命かもしれません。どんな場合でも相続直前の相続税のトラブルというのはよくありがちな話なので、きちんと専門家の方々に税務調査や相続税の対策について相談しておくのもいいかもしれませんね。

また相続税に関するいろいろな方法の1つとして、養子縁組をするという策をとっている人も意外に多いものです。私の友人の兄弟も養子縁組をして法定相続人の人数を増やしている人もいます。皆さん色々考えているんですね。

01.29.09

税務調査の流れ・相続税編

Posted in 相続税とは?, 税務調査とは? at 11:18:13 by souzokutin

相続税とはどんな税金にかというと前から言っているかもしれませんが、人の死亡によって財産などをもらった家族などにかかる税金です。そしてどのように支払うのかというと、死亡日の翌日から10か月以内に被相続人(死亡した人)の住所地の税務署に納付するのです。

その相続税に関しての税務調査が入るわけですが、税務署の方は『支払調書』や『内部資料』というような独自の資料を常に収集してるそうなので、もちろんごまかしはききません。税務調査の一般の流れとしては、死亡したあとに出す『死亡通知』を市や区役所に出すわけですが、そのあとに支払調書の調査があるそうです。これは生命保険金や退職金などの情報です。そして内部資料の調査というのがあって、何かというと資産家の財産リストなどのことのようですね。

その他の調査には証券会社や銀行、登録所などへの照会・・・と言ったように多方面にわたって色々な調査が入るというわけです。これが税務調査の流れ。もちろん相続税に関しての財産すべてについて課税されるわけではないんですよ。重複しているかもしれませんが、所得税にも課税最低限という措置があるのと同じで、相続税にも課税最低限があって、この課税最低限を超えてしまうと課税されるということ。

これらのことを見ていると、税務署のひとというのはとっても大変なお仕事をしているのがわかります。相続税に限らずいろんな税務について毎日いろんな調査をしているのですね。

12.25.08

税務調査と相続税の関係

Posted in 相続税とは? at 11:37:25 by souzokutin

相続税について、前から書いてきたことをすこしばかりまとめると、課税される財産というのは被相続人が亡くなった時に『存在しているもので財産価値があるもの』とされているようで、例えば土地や家、事業用の機械器具等、有価証券や預金などのことを言います。

そして『みなし財産』といわれるものが、被相続人が亡くなったことによって発生する死亡保険金や、共済金、死亡退職金などのことですが、これらは相続財産とみなされることから『みなし財産』と呼ばれます。また、普通に考えると亡くなった後にはあまり関係ないと思われがちな『贈与税』なんですが、これも相続から3年以内の『贈与財産』については、相続税の対象となってしまうようですよ。

これら紹介してきた相続財産は、すべて『税務調査の対象』となるということはわかりましたね。でも控除される対象もありますので一応紹介しておきます。それは『債務』です。借入金や未払金などのことですよね。また、被相続人の所得税や、住民税、そして固定資産税などの公租公課も控除され、相続後になってから判明してしまった追徴金なども控除できるそうです。もちろん葬式などににかかる費用も控除対象ですよ。でも新たに仏壇や墓地を購入するためにかかってしまったの費用というのは控除されませんので気をつけてくださいね!!

11.06.08

相続する

Posted in 相続税とは? at 9:45:34 by souzokutin

また改めて書きますが【相続税】とは、親などが死んでしまったり、財産を承継した場合、遺言により財産を譲り受けた場合に生じる税金ですね。
死亡した人を【被相続人】とよび、相続によって財産を承継した人を【相続人】とよびます。

ここはドラマなどでも結構耳にすることがあると思うのでわかりますね。

そして亡くなってしまったあとに考えなくてはならないのが【遺産】
悲しみとともに追ってくる面倒な手続きの1つ遺産について・・・
遺産相続は性質的に、よほどの資産家でなければ相続税がかからなくなっています。一般市民にはありがたい話です。

具体的には、【5,000万円+1,000万円×法定相続人数】となっていて
この額より少なければ相続税の心配をする必要がないみたいなので相続税の対象になるのは「全体の約5%」となっているみたいです。

でも、相続税の対象になる場合も決してないわけじゃないので気をつけてください。

税務調査は相続税に関する年間の申告件数のうち約4分の1に行われているらしいです。
必ず課税価格の多い順番に税務調査の対象となっているわけではないと思いますが、
やはり課税価格が【3億円】を超える申告については、税務調査がある確率は非常に高いと思っておいた方がいいでしょうね。

まぁこちらも金額が金額なので一般市民には縁遠い話ですね。

07.19.08

相続マメ知識2

Posted in 相続税とは? at 11:12:13 by souzokutin

では相続財産を受け取れる人とそうでない人、相続分は?
財産を相続したら申告・相続税納付、また税務調査をすぐに意識しなければいけませんもんね。

相続財産を受け取ることができる方は原則として亡くなった方の、配偶者・子供・父母・祖父母・兄弟姉妹の方です。いわゆる法定相続人です。
(遺言の内容等によっては違ってくる場合もあります。)

法定相続人の方の財産を受け取る順番。
①配偶者 ②子供(死亡の場合その子供〈孫〉) ③父母 ④祖父母  ⑤兄弟姉妹(死亡の場合その子供)

いざ自分が相続税を払うことになったら・・
前にも述べましたが、必ず税理士さんに相談しましょうね!

06.30.08

相続マメ知識

Posted in 相続税とは? at 11:07:08 by souzokutin

近親の方などが亡くなられ、その方の財産を受け継ぐ事になった場合(相続)、一定額以上の受け継いだ財産に対して税金(相続税)が課されることはわかりましたね。
ここで、亡くなられた方を被相続人、財産を受け取る方を相続人といいます。
財産を相続された方は、期限までに申告をします。その相続分は民法で原則として決まっています。
財産を相続するにあたり相続人の協議等により遺産の分割をしなければなりません。遺産の分割が決定したら、相続税を計算して納めなければいけないのです。

相続の財産となるもの、ならないもの。。
現金や預金、ゴルフ会員権、株券、土地、建物、生命保険金や退職金など、ほとんどの財産が相続財産。ただし仏壇、祭具、お墓、生命保険金・退職金の一定額以下を受け取る場合などは相続財産になりません。
(相続税を計算する上で、控除(借入金などの債務・未払い税金・お通夜及び火葬費用など)も出来ます。ただし控除されないものも細かく区分されていますので注意!

相続と一口にいっても、難しいですね~。

03.16.08

税務調査と相続税

Posted in 相続税とは? at 10:19:52 by souzokutin

相続税には基礎控除というものが適用されます。
相続税の基礎控除額は以のような算定式で計算されます。
基礎控除額=5千万円+(1千万円×法定相続人)
法定相続人 基礎控除
1人 6千万円
2人 7千万円
3人 8千万円
4人 9千万円
5人 1億円

上のことからもかるように基礎控除だけでも大抵の人にはかからないんですね~。
例えば課税される遺産総額が6千万円、相続人が配偶者のみというパターンの場合だったら、課税遺産総額6千万円―基礎控除6千万円=0円になるんですもんね。

ただ現実問題として、専門家に必ず相談された方がよいと思います。

02.28.08

相続税とは?

Posted in 相続税とは? at 10:15:30 by souzokutin

相続争いは私には縁遠い話ですが、よく耳にしますよね。
財産を相続するのは、まことに嬉しいことですが、それらにも課税されることを忘れてはいけません。

財産を相続したことによって課せられる税金、それが相続税です。
一定額以上の相続財産を相続した場合に発生し、全ての相続財産から基礎控除や各種の控除を行い、余った者が相続税課税総額になります。
基本的に普通の人にはかからないのは意外でした。
比率から言うと国内の相続人の内20人に1人に相続税がかかるといった程度なのです。
なるほど~と思ってしまいました。

Next entries »